りいらん日記

ジャニーズが好きな主観つぶやきたがり女子大生(自担は20代後半なのに中高生沼にハマる)が書きたいこと書いてるブログ

まさかすぎるよって話。

 

こんにちは、こんばんは。

 

えっ、辞めてなかったの?みたいな

顔しないでくれ、辞めたつもりでいたけど!

 

 

なんか無性に書きたくなってしまったの。

 

 

あるワードをネットで検索してから。

 

 

まああとで読み返して、

うんうん、そうだったよねって懐かしんだり

いやいや何言ってんのって恥ずかしんだり

出来たらいいなと思いまして、、、

この度、文章にすることを決めました。

 

 

そのワードというのが

 

 

担降り

 

 

です、はい、担当を降りる、担降り。

 

 

まさかね〜〜〜〜まさかすぎるよね〜〜〜〜。

自分が1番びっくりしてるもん、うん。

 

 

 

 

 

しないけどな???!!!

 

 

 

 

 

(まだ)

 

 

 

でも、ちょっと考えるようになってしまって

そのワードを検索してしまったのは事実。

 

 

そうしたら担降りブログというものが

山ほどあってだな、、、

しかも書かれてることが分かる分かる、、、

 

 

降りる先はまあ、、、、

みんなもう気づいてると思う(笑)

 

 

その子のことは入所当時から知ってました。

入所してすぐにユニットに入るって

ヤバすぎだろ、、、くらいでした、初めは。

昨夏の私はパリピ☆だったので

自担公演3回とその他公演1回ずつだから

計6回、六本木で過ごしました。

この時点で6回見てることになるんだよね。

でもそのときの私は、

「平野に似てる〜〜平野に似てる子や〜〜」

くらいにしか思ってなくて(マジ)

その界隈?そのユニ?なら

🙏🏻🙏🏻🙏🏻🙏🏻🙏🏻はしみじゅ🙏🏻🙏🏻🙏🏻🙏🏻🙏🏻🙏🏻

みたいな感じでございました。

 

 

というよりかは、昨夏は自担が

幸せな想いをさせてくれすぎたんだ。

 

 

と、これは一旦置いておいて、、、(笑)

 

 

それからは

少クラとか雑誌とかで見かける程度。

 

 

また新しいユニが出来ちゃって、

ああ〜〜しかもめっちゃ推されてるう〜〜、

若い子ばっかりそうやってさあ、、、!!!

 

 

 

はい、これが2016年の私です。

 

 

年明け、いつごろだったかな???

 

 

 

 

??????!!!!!!

 

 

 

めっちゃかわいくなってますね??????!!!!!!

 

 

 

ってなったんです、少クラを見てて。

 

 

 

(何の回かは忘れちゃったけど)

 

 

で、そのまま〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とはならないんじゃい!!! 

 

 

 

何なら祭りでは那須くんヤバイなだったから

例に漏れずびゃくや、、、(墓)みたいな

オタクしてたんだから!!!!!!

 

 

その数日後、少クラ春休みSPを

見ていたときのこと

 

 

 

え、、、やだ、、、

スーパーウルトラ可愛いすぎる

えっえっ、笑顔めっちゃ可愛いすぎる

しかも超いいとこ座ってるね?!

ええ?!ずっとニコニコしてる?!

めっちゃ映る、あっ、かわいい!!!

 

 

みたいなね〜〜〜〜〜〜〜〜(号泣)

 

 

たぶんそれが初産。

 

(産む:推しが可愛くて愛しくてたまらなくなった時に母親のような気持ちになってしまうこと、また、母親になったと錯覚してしまうこと)

 

 

 

そのあとまあだんだんと

彼のことを見ていくうちに

すっかり魅了されてしまって

現場こそ行っていないものの

フォトセをお願いしたりなんだり、、、

 

 

 

あ???れ???

 

 

これもう好きジャン???

 

 

 

 

 

 

 

 

クリエもレポがくるのが楽しみだった

今日はどんなことをして

どんなことを話したのか

毎日楽しみだったし

すぐにでも駆けつけたかった

 

 

 

Mステの番協も応募した

テレビの前でめっちゃ応援してた

 

 

検索したりなんだりして

彼のことを知っていくのが

すごくすごく楽しくて

彼の笑顔を見ると

本当に幸せな気持ちになれて

すぐ産んじゃって

嫌なことがあると

フッと浮かんでくるのが

その子の満面の笑みで、、、

 

 

 

仕事が楽しいとか

キラキラオーラを出したいとか

嵐みたいになりたいとか

 

 

 

 いつのまにか

この子の、加えてこの子たちの

これからが楽しみで楽しみで

仕方がなくなってしまった

 

 

 

これからどんなアイドルになっていくんだろう

 

 

 

すごいスピードで成長していって

目を離してしまったら

別人のようになってしまうかもしれない

その成長を見届けていきたい

 

 

 

自然とそう感じるようになりました

 

 

 

まあね、もともとわたし、

王道アイドルが大好きだからね

ハマってしまうのも納得というか、うん

 

 

 

流行りに乗ってる感があるのが

ちょっとあれなんだけど、、、

(実際ミーハーだから否めない部分はある)

 

 

 

担当=好きで好きでたまらなくてめちゃくちゃ応援している"アイドル"

 

 

そうだとしたら

 

 

 

私が担当にしたいのはこの子かもしれない

 

 

 

そんな想いが産まれるのと同時に

私はなんとなく自担に冷めてしまった

 

 

 

 

祭りもクリエも最高に楽しくて

すごく幸せだったのになぜか冷めてしまった

 

 

 

どうなんだろう、冷めたのかな?

違う子への熱量が

高くなりすぎたのかな?

 

 

 

けどなんか、みんなと同じ熱量で

応援することが出来てない

 

 

 

自担のアンチツイを

たまたま見てしまった

一個見ると芋づる式に見えてしまい

いろんな意見を知ってしまった

 

 

 

所詮他担が言ってることよ

私が好きならそれでいいじゃん?

そう思った、そう思ったけど

何かがずっと引っかかってた

ずーっとモヤモヤしてた

言ってる人が腹立たしいとかではなくて

 

 

 

その辺りからアイドルとしての自担について

いろいろと考えてしまうようになった

もし違う道を選んで違う出会い方をしていれば

まあ彼が一般人だったら

出会ってない可能性のほうが

とてつもなく高いんだけどね、、、

好きじゃなくなったわけでも

もちろん嫌いになったわけでもないけど

自担への感情が今までとは何か違う

 

 

 

高校時代からの友人オタと

見ていた少クラ生放送

自分でも驚いたけど

1ミリも沸かなかった、、、

一回も名前を発さなかった、、、

 

 

 

そんな中で初主演映画が決まった

あろうことか分かったのは私の誕生日

(新聞掲載はその翌日だけど)

 

 

 

死ぬほどびっくりして

死ぬほど嬉しくて

初主演映画だよ〜〜〜〜って叫びながら

街中を走り回りたかった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きっと去年の私だったら

 

 

 

 

もちろんびっくりしたし

嬉しかったし

かっこいいと思ったし

おめでとうっていう言葉も

本当にありがとうって思った

 

 

 

けどきっと去年の私の方が

純粋にもっともっと喜んであげられたと思う

 

 

うすうす感じていたけれど

私はアイドルとして好きなんじゃなくて

1人の人として好きになってしまったのかも

そんな気がした

そこまではいかないかもしれないけれど

なんか自分だけが

好きでいられればよくて

自分だけにとって

特別な存在でいてくれればいい

 

 

 

 

そういう気持ちで応援するのもありだと思う

けどきっとわたしにはできない

今でさえ人と比べてしまうのに

現場の数とか席の良さとか当選とか落選とか

人のことが羨ましくなって

羨ましくなって羨ましくなって仕方がなくなる

その感情を抱えるのは本当に疲れる

それだけでオタクというものを辞めたくなる

 

 

 

そんな考え方をしている自分から

解放されたいっていうのもある気がするなあ

 

 

 

9月から教育実習が始まり

それが終わったら教採のために勉強する

 

 

そのタイミングで1回リセットしたい

そんな気持ちもある、正直

 

 

 

また1からやり直して

苦しくならない応援の仕方をしたい、、、

 

 

 

でもやっぱり

降りたくないよね/(^o^)\

 

 

 

 

熱しやすく冷めやすいことで評判の私が

5年弱も好きでいられたのは

なかなか奇跡的なことなんだよ〜〜〜〜

どんなに好きでも2年が限界だった

それに比べたら長いよね、、、?!

しかも他の人に降りたあとで

結局戻ってきてしまったくらい

それくらい私にとって大きな存在

苦しいときも楽しいときも

世界の真ん中にはいつも自担がいた

いつも幸せにしてくれた

どんなに遠くにいても幸せにしてくれた

いろんな場所に連れて行ってくれた

いろんな経験をさせてくれた

二十歳の誕生日、そんな節目の日に

ステージ上とはいえ

目の前にいたのも自担だった

 

 

 

それがゼロになる

 

 

 

それに降りた相手に

いつまで夢中でいられるか

分からないし、、、

この夏を経て

やっぱり安井くんだ!って

なるかもしれないし、、、

(らぶ現場楽しすぎる)

(らぶ現場好きすぎる)

(セトリがいつも良すぎる)

 

 

 

 

 

 

大切な友達がいなくなるかもしれないし

 

 

 

 

でもそのリスクを負ってでも

応援したいと感じさせるのが

あの子だったりもする

 

 

 

掛け持ちも考えてはいるけど

経験上、どっちも平等に

好きでいることなんて出来そうにないし

これからのことを考えると

余計にシンドそうだしなあと思ってしまう

 

 

 

先にも述べたとおり

熱しやすく冷めやすい私なので

すぐに決断するのは

やっぱりやめておこう(笑)

 

 

 

結局何が言いたいのって感じだし

めちゃくちゃどうでもいいことだけど

自分用のメモとして書いてみた!

自分でもよく分かってないんだよ!!!

自分の感情がよ!!!!!!

たぶん全然書けてないと思う!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

書きながらずっと泣きそうになってた(笑)

結局好きは好きなんじゃ〜〜〜〜!!!

 

 

 

8月、過ごしてみて

私は何を思うんだろう

 

 

 

9月、実習から解放されたあと

私は帝劇で誰を見つめるんだろう

 

 

 

 

勝手に板挟みになって

うんうん言いながら

結局オタクする私が

辿り着くスイートアンサーとは

一体何なのか、、、?!

 

 

 

カミングスーン(^_−)−☆

 

 

 

 

 

 

 

たぶん、あとでこれを見返して

何言ってるのはっずwwwwwwwwwwwwって

なるのはもう分かってる、うん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえずこの夏が

安井くんにとっても

浮所くんにとっても

ステキなものになりますように。